切り抜きステッカー&シール貼付作業手順

1.
被着体表面の埃や、油分を
拭き取ります。
2.
貼り付ける部分の位置関係
をチェックする。
3.
紙テープやセロテープで仮止め
します。
裏紙を180度倒して半分だけ
剥がす。
[切り抜きステッカーの場合アプリケーション
フィルムとステッカーの接着を確認
してくだ
さい。(接着が十分でない時は、スキージ
で押さえて下さい。)]
6.
張り損じて気泡が発生
した場合は、針で穴を
開けて空気を押し出す。
5.
切り抜きステッカーのアプリケー
ションフィルムを端から剥がす。
4.
スキージ(不要になった堅めの
カードでも可)で、上から徐々に
下に向けて貼り押さえる。
上半分を貼り終えたら、残りの裏紙を
剥がして同様に貼り押さえてください。

(ワンポイント:スキージを布で一巻き
覆っておくとシールに傷が付きません。)


注意
1.ポリエチレン・ポリプロピレン・シリコン樹脂表面には十分な接着力が得られません。
  (シリコン系ワックスを施した車に貼る場合はワックス脱脂をしてください。)
2.ガラス面に貼る場合は、作業手順3後に堅く絞った濡れタオルでガラス面を拭いて貼ると張りやすい。
3.施工時には、水に中性洗剤を加え1%の溶液を作り、張り付け面に霧吹きでスプレーして、
  カッティングステッカーを貼ると張りやすい。
  (中性洗剤を入れすぎると、ステッカーが着きません。特にガラス面に貼る場合は注意してください。)