健康豆知識


素材と味のこだわり

餡と胡桃は健康的な食品!!

 勧進帳の餡は、良質たんぱく質、食物繊維、ビタミンB群、カルシュム、鉄、イソフラボン等の
宝庫といわれる、白いんげん豆を主原料に抹茶と胡桃が入っています。
 白いんげん豆にはイソフラボンが多く含まれています。一般的には大豆イソフラボンが知ら
れていますが、善玉コレステロールを増加させる働きがあり、更年期障害を和らげたり心臓病
のリスクを軽減させると言われています。
 抹茶に含まれる成分として、カテキン‐ポリフェノールやカフェインなどがありますがこれら緑
茶に含まれる多くの成分が抗酸化物質として、人間の老化促進物質を中和させる働きがあ
り、癌や心臓疾患、肥満などの予防に重要な役割を果たしていることがわかってきました。
 胡桃は人類最古の木の実。太古の人々もその美味しさだけでなく優れた効能を知っていた
ようで、平安時代の医書「医心房」にも載っています。胡桃に含まれる脂質の七割近くはリノー
ル酸やリノレン酸など良質の不飽和脂肪酸で、ビタミンEとともに血管に付着したコレステロー
を取り除いてくれる優れものです。血行をよくし、体のすみずみまで、酸素を運んで若々しさを
取り戻し老化防止、動脈硬化の予防、美肌作りに役立ちます。
また、胡桃のたんぱく質には、トリプトファンなどの必須アミノ酸が多いのも特徴の一つです。
ほかに、糖質を分解してエネルギーに変える栄養素で、脳や筋肉の働きをよくするビタミンB1
もたくさん含まれ、疲労や倦怠感の回復を助けます。

和菓子の甘味は太りにくい!!

 糖質は運動開始直後のエネルギー源です。脂肪と糖質を同時に摂取すると、運動しても先に
糖質が燃えて、摂取した脂肪が分解されずに残ってしまい、体脂肪に蓄えられやすくなります。
和菓子よりも、生クリームやバターを使った洋菓子が太りやすいのはその為なのです。
 和菓子は植物性原材料が中心で、動物性脂肪をほとんど含まないので甘くても太らないので
す。


戻る
戻る


200x(c) Kashida Fugakudou. All Rights Reserved.