のぼり旗が広告として誕生するまで

街を歩いていると頻繁に目にするのぼり旗は、広告・アピール方法としての活用は日本だけの文化で、海外の方からするとちょっと珍しい光景です。飲食店はもちろん、イベントやスポーツの応援、選挙、交通安全を促すものとしても多く取り入れられています。のぼり旗は、ひらひらと風になびき過ぎないのが特徴的です。

のぼり旗の歴史

武士が誕生した平安時代、激しい戦の中で同士討ちしないよう用いられた印が、のぼり旗の原型とされています。
仲間と敵の判断を瞬時に行うために長い布を木に通し、紐でしっかりと結び風になびかせる「流れ旗」を隊の象徴として見分けるものにしました。

そして時代は移り、足利将軍家の跡目争いが始まる室町時代末期、武家一族の中で争いが強くなり、同じ流れ旗と同じ家紋同士で戦うため、敵か見方かの判断が難しく混乱が出てくるようになりました。そんな中、ひらひらと舞う流れ旗と区別ができるよう、風に舞い過ぎない旗を作成するようになります。有名なもので例えますと、風林火山や武神、毘沙門天があります。
それが、現在のように長辺型で2つの辺が旗に結びついたのぼり旗ができたのです。

広告として使われるようになったのぼり旗

戦国時代も終わり、江戸時代に入った頃、庶民の暮らしも豊かになって文字の読み書きが習慣となり、戦の道具だったのぼり旗に変化が現れました。それは現代のように、広告と同じ扱いになっていきました。
戦国時代と異なり、広告に起用されるようになったのぼり旗は、現在は使用用途によって使われる場所もさまざまです。

街頭での選挙運動、スーパーマーケットや商店街などの広告、スポーツでの応援、飲食店での商品アピール、電信柱などに紐で縛りつけている交通安全の注意広告など、さまざまな場所でのぼり旗を目にします。

石川県に店舗がある美研デザイン工房では、格安でのぼり旗や名刺、ショップカードなどの制作を行っています。現在では広告効果として取り入れていることが多いのぼり旗や看板、Tシャツ、名刺プリントなどのことでお困りの方、ご依頼の方はぜひ、美研デザイン工房にお問い合わせください。石川県内だけでなく、北海道から沖縄県までのぼり作成のご依頼を承っています。

Company Info

のぼり旗の格安作成、看板等美研デザイン工房
〒921-8815
石川県石川郡野々市町
本町3丁目8-11
TEL: 076-294-7740
FAX: 076-294-7750
営業時間:9:00~17:00

携帯からのアクセスはこちら BIKENモバイルサイト

QR

店舗案内